SAMPLE SITE

タバコやストレスでビタミンCを消耗する?

受動喫煙でもビタミンCが失われるので要注意 ビタミンCの働きはいろいろありますが、美白や美肌のほかに注目されているのが、抗酸化作用です。 動脈硬化を抑えて、心筋梗塞や脳卒中などを予防し、免疫力を高めて、がんやかぜなどの病気も予防します。 こうした働きを高めるためには、ビタミンE(→P&)と一緒にとるのが効果的。 ビタミンCは、酸化によってダメージを受けたビタミンEを修復し、再生する力があるため、抗酸化パワーが強まるからです。

一方、体内のビタミンCはストレスやタバコによって、大量に消費されることがわかっています。 ビタミンCは、ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンなどが作られるときに必要だからです。 また、タバコを吸う人は、肺の中によ多くの化学物質を取り込んでいるため、これらの処理のためにたくさんのビタミンCが必要です。 もちろん、受動喫煙でも、タバコの煙に含まれる成分が肺や血管にダメージを与えるので、ビタミンCの必要量がアップします。

壊れやすいビタミンCは生・温野菜の両方でとる ビタミンCが多く含まれている食品は野菜や果物、いもなどです。 ただ、ビタミンCは常に不安定な栄養素で、水や熱、空気(酸素)、光に弱いという性質があります。 だから、「皮をむいたり切ったりした食品を放置しておいたり、長い時間、水にさらしたりするのは禁物。 熱にも弱いので、本当は生のままとるのがいちばんいいのです。

ただし、生野菜ばかりではカサが多くてたくさん食べられないので、なるべく短時間でサッと加熱した温野菜も加えましょう。 生のサラダにブロッコリーやほうれん草などの温野菜を加えて両方一緒にとるのもいい方法。 じゃがいもやさつまいもは加熱しても、のり状になったデンプンがビタミンCの流出を防ぐので、おすすめの食材です。

痩せるためにはダイエットサプリが肝心

もしあなたが本当に痩せたいと思っているなら、ダイエットサプリの力を借りましょう。特にスラリックスと言うサプリが、今最も痩せると話題のサプリです。配合されているコレウスフォルスコリが、脂肪を分解する効果があるのです。